「いけ花でないがいけ花である ~中川幸夫の世界~」

花をもって生け花を超えた芸術運動を展開する前衛生け花作家・中川幸夫
(78歳)。彼は戦前、池坊で生け花の古典を学ぶが、因習に縛られた伝
統的な家元制度に反発して脱退。以来、今日まで独自の道を歩んできた。
生け花という概念を無限に拡大させてきた彼の仕事は常に話題を集め、現
代美術の世界でも高く評価されている。古くからの理解者である作家・早
川暁を交え、中川の創作現場の映像をもとに、自作について語る中川の世
界に迫る。
今週のギャラリー
「興福寺国宝展」
「北脇昇展」 ほか

司会 桜井洋子アナウンサー 大岡玲1997

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください