「根源的な…雪の原風景 ~斎藤清の世界~」

2018年10月1日

常に国際的な活躍を続けてきた版画家・斎藤清。去年11月に亡くなる直
前まで、新たなる造形への挑戦を意欲的に続けていた。斎藤は福島県会津
で生まれ、少年期を北海道で過ごした。画家を志して上京し独学で油彩を
学んだが、日本版画協会展に入選以降は本格的に版画に取り組んだ。
故郷の会津の心にしみ入るような雪景色、京都・奈良の寺社や仏像など日
本的なモチーフを選びながらも、画面に厚みを生む技法、コラージュや版
木のひっかきなど独創的な技法を取り入れていった。番組では、伝統的な
版画世界を常に超えようと、斎藤のこだわり続けていた造形美の世界を、
彼の原点となった雪景色の中に探っていく。
アートシーン
「卒業・名物館長 ~大原美術館館長の50年間~」
展覧会ピックアップ
「近代日本美術史の巨匠たち」 ほか

石澤典夫アナウンサー 西村由紀江(ピアニスト)