バルテュス 光と少女を描き続けて

イタリアのベネチアで開かれたバルテュスの展覧会から、彼の美術を紹介
する。バルテュスはパリに生まれ、今年2月、92歳で亡くなるまでに、
生涯に描いた作品は320点、1作に10年もかけたこともあるという。
「作品については絵を見てくれ」と言い続け、自作に関し多くを語ること
がなかったことで、謎めいた画家と言われる。最晩年のバルテュスの映像
も活用しながら、20世紀最後の巨匠と言われた画家バルテュスの全ぼう
に迫る。

コメント