「日本画を変えた西洋絵画 土田麦僊とヨーロッパ」

明治から大正にかけ、日本画の世界は大きく様変わりしていった。京都で日本画革新運動の中心にいた土田麦僊は、大正10年にヨーロッパに留学。西洋画の技法を習得するとともに遠近法を学ぶ。若いころから女性美にあこがれていた麦僊は、女性を描いていくことを洋行中に決意。日本の伝統美を再発見し、西洋と東洋を越えた新しい美の世界を模索する。麦僊が西洋から何を学び、どのように日本画の革新を進めていったかを探る。

中島千波 古田亮 はな 山根基世

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください