「セントラルパークがアートになる クリスト&ジャンヌクロード」

2005年2月、ニューヨーク・セントラルパークで巨大アート・プロジェクトが行われた。アーティストのクリストとジャンヌ・クロードの最新作「ザ・ゲーツ」である。公園内の遊歩道にサフラン色の布をつけた7500本の門が立てられ、誰も見たことがない光景が生みだされた。ニューヨークを大論争に巻き込み、総勢850人を動員して行われたこのプロジェクトの全ぼうを追い、クリストとジャンヌ・クロードの作品世界を探る。

クリスト&ジャンヌクロード 三宅一生 北川フラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください