新日曜美術館

今年、生誕100年を迎えた洋画家・三岸節子。晩年、20年あまりフランスに滞在し、それまで本格的に手がけたことのなかった風景画の制作に情熱を注いだ。この時期の真情を克明に綴(つづ)った日記が、このたび初公開された。60歳をこえての異境で ...

新日曜美術館

北方ルネサンスを代表する画家ファン・エイク。その最高傑作「アルノルフィーニ夫妻の肖像」は「サンダル」「ろうそく」「犬」「鏡」などさまざまなトリックが散りばめられた絵画史に残る名画である。この1枚の絵に焦点を当て、画家が仕掛けたトリック ...

新日曜美術館

世界で最も有名な画家の一人、ゴッホ。わずか10年あまりの画家人生で劇的なスタイルの変遷を遂げた。燃え上がるような色彩と、うねるようなタッチ。ゴッホ独特の絵画世界は、いかにして生まれたのか。天才という顔の裏には、さまざまな絵画理論を貪欲 ...