新日曜美術館

20世紀の中盤、メキシコでは1300に及ぶ壁画が作られた。オロスコ、リベラ、シケイロスの3巨匠の作品を中心に、なぜ巨大なアート運動が展開したのか考える。

新日曜美術館

アールヌーボーの寵児(ちょうじ)として19世紀末パリで活躍したチェコの画家、アルフォンス・ミュシャ。フランスで頂点に立ったが、50歳でその名声を捨て、祖国チェコに戻った。後半生、ミュシャは抑圧されてきたスラブ民族自立のために、その歴史 ...

新日曜美術館

息をのむような鮮やかな宝飾品や、ざん新なガラス工芸で知られるルネ・ラリック。アールヌーヴォーとアールデコの2つの様式で世界の頂点を極めながらも、その後は教会や百貨店などの建築や20世紀を象徴する豪華客船、オリエント急行の内装などを手が ...

新日曜美術館

光と闇が織りなす神秘的な世界を描き続けたジョルジュ・ド・ラ・トゥール。17世紀フランスで活躍しながら、20世紀に再発見されるまで、300年もの間、歴史の闇の中に眠り続けていた画家だ。ラ・トゥールの故郷ロレーヌ地方は、当時凄(せい)惨を ...