「闇の中の光 ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの世界」

google

光と闇が織りなす神秘的な世界を描き続けたジョルジュ・ド・ラ・トゥール。17世紀フランスで活躍しながら、20世紀に再発見されるまで、300年もの間、歴史の闇の中に眠り続けていた画家だ。ラ・トゥールの故郷ロレーヌ地方は、当時凄(せい)惨を極めた30年戦争の戦場となった。戦禍の中、人間の姿を静かに見つめ続けたラ・トゥールの作品は、今、私たちに何を語り掛けるのか。知られざる画家の物語をつづる。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする