2005-06

NO IMAGE 新日曜美術館

心の故郷を水墨に託す 郷愁の画家・与謝蕪村

江戸中期の俳人として名高い与謝蕪村。しかし生前彼が世に認められたのは、絵師としてだった。独学で絵を学び、当時流行していた中国の故事や漢詩にモチーフを得て屏風(びょうぶ)やふすま絵を描く「文人画」の画家として人気を博した。蕪村は、若いころから...
NO IMAGE 新日曜美術館

「心の故郷を水墨に託す 郷愁の画家・与謝蕪村」

江戸中期の俳人として名高い与謝蕪村。しかし生前彼が世に認められたのは、絵師としてだった。独学で絵を学び、当時流行していた中国の故事や漢詩にモチーフを得て屏風(びょうぶ)やふすま絵を描く「文人画」の画家として人気を博した。蕪村は、若いころから...
NO IMAGE 新日曜美術館

これが日本の洋画だ! 安井曾太郎 写真の探求

昭和を代表する洋画家、安井曾太郎。肖像画や風景画で数々の傑作を残し、安井様式と呼ばれる独自の画風を築いた。安井は留学先のパリで、セザンヌから20世紀の写実主義を学ぶ。見たものをただ正確に写すのではなく、細部を強調したり単純化して表現する。こ...
NO IMAGE 新日曜美術館

「これが日本の洋画だ! 安井曾太郎 写真の探求」

昭和を代表する洋画家、安井曾太郎。肖像画や風景画で数々の傑作を残し、安井様式と呼ばれる独自の画風を築いた。安井は留学先のパリで、セザンヌから20世紀の写実主義を学ぶ。見たものをただ正確に写すのではなく、細部を強調したり単純化して表現する。こ...
NO IMAGE 新日曜美術館

本郷新 彫刻の重さは命の重さ

戦後の彫刻界を代表する存在だった本郷新。常に民衆の側に立ち、時代の変化に敏感に反応して、普遍的な人間像を追求しつづけた。その代表作をめぐる秘話を紹介する。戦後、ベストセラーとなった「戦没学生の手記・きけわだつみの声」。その収益の一部を使って...