新日曜美術館

昭和を代表する洋画家、安井曾太郎。肖像画や風景画で数々の傑作を残し、安井様式と呼ばれる独自の画風を築いた。安井は留学先のパリで、セザンヌから20世紀の写実主義を学ぶ。見たものをただ正確に写すのではなく、細部を強調したり単純化して表現す ...

新日曜美術館

昭和を代表する洋画家、安井曾太郎。肖像画や風景画で数々の傑作を残し、安井様式と呼ばれる独自の画風を築いた。安井は留学先のパリで、セザンヌから20世紀の写実主義を学ぶ。見たものをただ正確に写すのではなく、細部を強調したり単純化して表現す ...