「心の故郷を水墨に託す 郷愁の画家・与謝蕪村」

google

江戸中期の俳人として名高い与謝蕪村。しかし生前彼が世に認められたのは、絵師としてだった。独学で絵を学び、当時流行していた中国の故事や漢詩にモチーフを得て屏風(びょうぶ)やふすま絵を描く「文人画」の画家として人気を博した。蕪村は、若いころから日本中を旅し、豊かな自然を俳句に詠んだ。その「日本のこころの風景」を、自分の創作世界に取り入れ、郷愁あふれる独自の画風を展開した「絵師・蕪村」の世界を紹介。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする