これが江戸のヴィーナスだ 初めて明かされる鳥居清長の全貌

google

喜多川歌麿と並ぶ浮世絵美人画の巨匠・鳥居清長(1752-1815)。「清長美人」と言われる八頭身に近い長身・優雅な美人像は「江戸のヴィーナス」と讃えられる。しかし、清長は六大浮世絵師の一人に数えられながら、作品の大部分が海外に流出し、研究が進んでいないことなどから、絵師としての実像は謎に包まれてきた。それが今回千葉市美術館で海外から多数の作品を集めた空前絶後の清長展が開催され、その全貌が初めて明らかになろうとしている。
清長美人の多くは江戸の名所を背景にそぞろ歩く。その全盛期は天明期(1781-1789)だが、この頃は、江戸っ子が自らの文化に誇りを持つようになった時代である。清長は2枚続、3枚続といった「ワイド画面」を作りだし、理想郷としての江戸を描いたのだった。そのほか、初めて行われた清長作品の色彩の科学的分析など紹介しつつ、知られざる美人画の巨匠の魅力に迫る。

浅野秀剛(千葉市美術館学芸課長)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする