「むしろ『画家』と呼ばれたかった ~近代建築の父 ル・コルビュジエの真実~」

google

装飾のない四角い壁に大きなガラス窓。「住むための機械」というスローガンで機能的な建築を提唱し、近代建築の父と呼ばれるのがル・コルビュジエ(1887-1965)だ。彼が設計した建造物をまとめて世界遺産に登録しようとする運動が起きるなど、その評価はますます高まっている。とりわけ近年注目されているのが、ル・コルビュジエの画家としての側面だ。ル・コルビュジエはつねに午前中はアトリエにこもり絵画や彫刻の制作に専念し、午後は設計事務所へ赴いた。それは生涯にわたって続けられた。1920年代には、ピカソのキュビスムが複雑になりすぎたことを批判して、ピュリスム(純粋主義)の絵画を世に問うてもいる。その後も、シュルレアリスムを取り入れたり、独特のシンボリズムをたたえたり、とその画風は変転した。そしてその時々の絵画制作によって得られた造形的ビジョンが彼独自の建築に生かされていったのだ。
番組では、サヴォア邸、ロンシャンの礼拝堂、ラ・トゥーレットの修道院など建築史に残る数々の傑作と絵画の関係を探りながら、20世紀最大の建築家の知られざる素顔と創造の秘密に迫る。

林美佐さん(ギャルリー・タイセイ学芸員)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする