新日曜美術館

靉光(あいみつ/本名・石村日郎)は、1907年、広島県に生れた戦前を代表する画家の一人。動物の肉のようにも見える奇妙な物体の中で、一つの眼が異様な光を放ち見る者を凝視する『眼のある風景』。日本のシュルレアリスムの傑作と言われるこの作品 ...