「芸術の秋 ここに始まる ~日本近代美術と「日展」の百年~」

google

1907(明治40)年秋、日本で初めて文部省による美術展「文展」が東京・上野で開催され、日本の近代美術史に画期的な一ページが開かれた。以来100年、「文展」から「帝展」「新文展」そして今日の「日展」と名称や組織の形を変えながら続いてきた歳月は、それぞれの時代の美術界の、さらには日本の社会全体の状況が鮮明に反映されてきた。番組では、現在、東京の国立新美術館で開かれている「日展100年」展を機に日本の近代美術の歩みを考える。
もともと「文展」開設の契機は、日露戦争勝利の後、欧米列強に対抗するため文化政策に目を向ける必要に迫られたことにあった。それまでの美術は農商務省が主導する産業のひとつと見なされていたが、パリ万博で展示された日本美術の遅れが露呈し、国は文部省が主導する美術行政に改める目的で「文展」が創設された。その役割を担ったのが文部大臣の牧野伸顕、洋画家の黒田清輝、日本美術院を創設した岡倉天心であった。当時の美術界は新旧さまざまな流れが対立して分裂状態であったが、それをひとつにまとめようという意図もあった。
第1回文展は洋画の和田三造「南風」、日本画の下村観山「木の間の秋」、彫刻の「あゆみ」など意欲的な作品が並び大きな盛況をもたらした。しかし、文展開催にはさまざまな問題もはらんでいた。新旧の対立が文展にも持ち込まれ、激しい勢力争いが繰り広げられ、文展反対を表明するグループも出る騒ぎとなった。また、文展が回を重ねると、洋画部では黒田清輝に反旗をひるがえして文展と決別するグループもあり、日本の美術状況は混沌として行くのであった。

高階秀爾さん(大原美術館館長)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする