シリーズ仏の美(1) 秘仏公開 ~三井寺 天台密教の至宝~

google

滋賀県大津市、琵琶湖を望む景勝の地に立つ三井寺(長等山園城寺)。天台寺門宗の総本山として千年以上の歴史を持つ。密教の戒律を厳しく守るこの寺では、仏像の多くが秘仏とされ、拝観は許されていない。しかし今回、三井寺の宝物を一同に集めた展覧会の開催にあたり、およそ20年ぶりに貴重な秘仏の数々が公開された。
三井寺の秘仏は個性的な造形のものが多い。印刷物への掲載すら許されない秘仏中の秘仏「不動明王像」(国宝)は、金色に輝く不動明王を描いた仏画。また「新羅明神坐像」(国宝)は朝鮮半島の神の姿を刻んだ異形の神像だ。これらの秘仏はいずれも、三井寺に天台密教をもたらした平安時代の僧・円珍に縁が深い。神秘的なエピソードに満ちた円珍の生涯をたどりながら、三井寺に伝えられる秘仏の謎を探る。
また、三井寺の宝物として名高いものに、勧学院客殿に描かれた狩野光信の障壁画「四季花木図」がある。三井寺と豊臣家との複雑な関係の中で生み出されたという、桃山絵画の傑作の背景に迫る。
番組では三井寺を訪ね、僧侶の案内で秘仏や宝物を拝観。創建以来の長い歴史の中で、人々が三井寺にささげてきた祈りの深さを伝える。

出演 梅村敏明さん(園城寺執事) 石川知彦さん(大阪市立美術館学芸員)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする