2010-02

日曜美術館

「欧州を丸ごと持って来い!国立西洋美術館誕生秘話」

国立西洋美術館は、実業家・松方幸次郎のコレクションを基に、1959年に設立された。しかしその40年前、松方が現在よりも格段に充実した美術品を集めた美術館「共楽美術館」の建設準備を進めていたことは、あまり知られていない。イギリス人画家・ブラン...
日曜美術館

「再現!ルノワールの裸婦たち」

印象派の巨匠として多くの人々から愛され続ける画家・ルノワール。30代で印象派の画家としてデビューしたルノワールは、40代に輪郭線のはっきりした画法に転換。さらにまた50代以降は“バラ色の時代”と呼ばれる独自の色彩表現を極めてゆく。今回、ルノ...
日曜美術館

「まだ大丈夫だ、ほめられないから~美の異端児・北大路魯山人」

直径40センチを超える椿(つばき)の大鉢。この作品は「焼き物知らずのなせる技」と、強烈な批判を浴びた。そんな言葉をものともせず、常識を打ち砕き、戦いを挑んだ北大路魯山人。常に悪評にまみれながら、陶芸に、書に、そして美食家として独自の信念を...
日曜美術館

「夢の運慶 傑作10選」

2007年、新たな仏像が相次いで確認され、鎌倉時代の仏師・運慶が注目を集めている。東大寺南大門の「金剛力士立像」、金剛峯寺の「八大童子立像」、興福寺北円堂の「無著菩薩立像・世親菩薩立像」など、運慶の仏像には今にも動き出しそうな迫力の肉体、仏...