「夢の運慶 傑作10選」

google

2007年、新たな仏像が相次いで確認され、鎌倉時代の仏師・運慶が注目を集めている。東大寺南大門の「金剛力士立像」、金剛峯寺の「八大童子立像」、興福寺北円堂の「無著菩薩立像・世親菩薩立像」など、運慶の仏像には今にも動き出しそうな迫力の肉体、仏の威厳と豊かな感情を兼ね備えた表情、深い精神性まで感じさせる存在感がある。人間味あふれる仏像は、どのようにして生まれたのか? 創造の秘密を傑作10選から探る。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする