「欧州を丸ごと持って来い!国立西洋美術館誕生秘話」

google

国立西洋美術館は、実業家・松方幸次郎のコレクションを基に、1959年に設立された。しかしその40年前、松方が現在よりも格段に充実した美術品を集めた美術館「共楽美術館」の建設準備を進めていたことは、あまり知られていない。イギリス人画家・ブラングィンとの交流を通して美術に親しんだ松方が「日本人に西欧文化を丸ごと体験させたい」と構想した、幻の美術館の夢をたどる。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする