「夢のブリューゲル 傑作10選」

google

先月、スペインで16世紀の巨匠ブリューゲルの作品が新たに発見された。ブリューゲルの油彩画は世界でおよそ40点。新発見のニュースは美術界に衝撃を与えた。これを機に、ブリューゲルの傑作10点を選定。米粒ほどの大きさで、塔を建設する労働者を克明に描いた細密描写の極致「バベルの塔」。辛辣(しんらつ)な教訓を愛情に満ちたまなざしでコミカルに描いた「ネーデルラントの諺(ことわざ)」。さらに骸骨(がいこつ)の大軍が人間に襲いかかる“死”の大パノラマや、奇想の怪物がひしめく混とんの世界。農民への深い共感が生み出したリアルな農民画まで。思想家のように思慮深く人間を見つめ、圧倒的な技量とたぐいまれなる想像力であらゆる物を描ききったブリューゲル。見る快楽に満ちあふれたブリューゲルのワンダーランドに迫る。

荻野アンナさん(慶應義塾大学教授)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする