「ゴッホ誕生 ~模写が語る天才の秘密~」

google

鮮やかな黄色の太陽、うねるような激しいタッチ。絵画の歴史に強烈な個性を放つ天才、フィンセント・ファン・ゴッホは、誰が見ても一目でゴッホだと分かる絵画の数々を生み出した。しかし、独自の表現をつかみとるまでには、巨匠たちの模倣を繰り返し、学び続けた姿があった。死の直前まで描き続けた農民画家ミレー。点描技法を完成させた印象派のスーラ、さらに浮世絵師、歌川広重まで。ゴッホは優れた画家たちの模倣を通して身に付けた技法や精神を一つにまとめあげ、独自の表現を生み出していったのだ。ゴッホが残した模写、残された書簡を通して、天才誕生の秘密に迫る。

木下長宏さん(美術史家)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする