「レオナルド・ダ・ヴィンチ 驚異の技を解剖する」

google

“神業”と評されるレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画。どこが、すごいのか? 3点の代表作を取り上げ、徹底解剖する。「白貂を抱く貴婦人」は最新の科学分析によって、500年前のオリジナルの姿が浮かび出る。「最後の晩餐」は、絵に描かれた弟子12人の瞬間の動作や表情を、俳優が演技することによって探る。「モナ・リザ」の謎の技法「ぼかし(スフマート)」を、新説である「ミクロ点描画法」で、実際に再現する。

出演

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする