日曜美術館

400年、15代にわたり続く薩摩焼陶工、沈壽官(ちん じゅかん)家。
朝鮮白磁の美を求める薩摩藩統治の下、生き延びるために初代は26年の歳月をかけて山野を巡り、美しい白土を発見する。そして陶器「白薩摩」を誕生させる。