「風涛(ふうとう)を越えて 薩摩焼と生きた400年」

google

400年、15代にわたり続く薩摩焼陶工、沈壽官(ちん じゅかん)家。
朝鮮白磁の美を求める薩摩藩統治の下、生き延びるために初代は26年の歳月をかけて山野を巡り、美しい白土を発見する。そして陶器「白薩摩」を誕生させる。
乳白色の肌をもつ「白薩摩」は、大名たちへの献上品となり戦乱の世を生き抜くための道具として用いられる。薩摩藩を支えた沈壽官の窯(かま)。しかし明治維新によって運命が逆転する。後ろ盾の藩はなくなり、次々と窯が閉鎖、薩摩焼は存亡の瀬戸際に立たされる。危機の中、12代は自ら工場を立ち上げ、新たな技術を生み出す。窯の火を絶やしてはならない。精緻(せいち)を極めた透かし彫や浮き彫が生み出され、世界に誇る名品が生まれた。
苦難の中、一子相伝により血脈と共に受け継がれた技と心。現当主15代はどのように守り続けているのか。司会の姜尚中と中條誠子アナウンサーが沈壽官窯を訪ねる。2011

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする