日曜美術館

今から300年前、ドイツ北東部の街・マイセンで、“白い黄金”が誕生した。当時、各国の王侯貴族たちがあこがれ、収集に情熱を傾けた東洋の磁器。その磁器を自らの手で作り出そうと、ひとりの君主が執念を燃やした。その後、マイセン磁器は、時代の流 ...