「 魅惑の“白い黄金”~マイセン磁器300年の軌跡~ 」

google

今から300年前、ドイツ北東部の街・マイセンで、“白い黄金”が誕生した。当時、各国の王侯貴族たちがあこがれ、収集に情熱を傾けた東洋の磁器。その磁器を自らの手で作り出そうと、ひとりの君主が執念を燃やした。その後、マイセン磁器は、時代の流れの中で革新を繰り返しながら、ヨーロッパを代表する芸術作品へと発展。マイセン磁器の300年の軌跡をたどりながら、美しさの秘密を探る。  
出演 十四代 酒井田柿右衛門

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする