「デューラーの“聖と俗”~姜尚中が問う美術の力~」

google

2年間司会を務めた姜尚中さんは今回が最終回。姜尚中さんがドイツに留学していた時、28歳で出会い、衝撃を受けたデューラーの「1500年の自画像」。己が何者なのか問いかけながら、画家が自らをキリストのように描いた中世の謎多き作品である。苦悩する自分に光を投げかけたこの作品と、姜さんは30年ぶりに再会する。長い時を経て、今度は何を感じるのか。2年間「日曜美術館」の司会を務めた今、「美術の持つ力」について問う。
出演 佐藤直樹

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする