「夢のレンブラント 傑作10選」

17世紀のオランダを代表する画家、レンブラント。 光と影の魔術師といわれ西洋絵画に幾多の革命をもたらした。 傑作『夜警』や『目を潰されるサムソン』などの名作から、 画家が人物たちの一瞬の動きをドラマチックに見せるために […]

「マリー=アントワネットと二人の画家 ヴィジェとダヴィッド」

18世紀、ヴェルサイユ宮殿に咲いた1輪の薔薇(ばら)、王妃マリー・アントワネット。その姿を描いた二人の画家がいた。一人は、美しい王妃を描いた女流画家ヴィジェ・ルブラン。もう一人は、断頭台へ向かう最後の王妃を描いたジャック […]

「岡本太郎“眼”はみだしたっていいじゃないか」

岡本太郎の代表作「太陽の塔」。実はその内部に高さ50メートルにも及ぶ、もう一つの巨大な作品があった。「生命の樹」、単細胞から人類まで、40億年にも及ぶ生命史を表現した大作である。 岡本太郎は、なぜ「生命の樹」をつくりあげ […]

「白洲正子 日本美へ誘う眼」

日本の美と心を求め、50代半ばから旅に生きた随筆家、白洲正子(1910-1998)。旅情豊かな紀行の中で見つけた仏像や土地々々で守られてきた古面、正子の愛した品々には、日本人の信仰と願いが込められている。そんな美との出会 […]