「永遠のマハ ~ゴヤが見つめた女たち~」

google

スペインの巨匠フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828)。プラド美術館が世界に誇る代表作「着衣のマハ」が、いま40年ぶりに日本で公開されている。この作品は、同じ構図・同じモデルの裸婦像「裸のマハ」とペアで描かれたという美術史上例を見ない異色作。モデルは誰か、なぜ2枚組なのか、記録は無くその背景は謎に満ちている。
宮廷画家として活躍していたゴヤは、43歳の時、突然聴覚を失った。その頃からゴヤが見つめ始めたのが「マハ」と呼ばれる、下町に生きる粋な女性たちだった。ゴヤは、街を歩き、社会の底辺で生き生きと暮らすマハたちを素描に描く。その数、数百枚。それらはやがて「着衣のマハ」と「裸のマハ」に結晶していく。
神話画以外の女性の裸体を描くことは固く禁じられていた時代、ゴヤは同時代の女性像である2枚の「マハ」を描いたかどで、カトリックの異端審問所からの召還を受ける。自らの命を危うくしてまで、ゴヤがこの絵に込めようとしたものとは何なのか?
ゲストは、ファッションデザイナーの山本寛斎さん。そのポーズの秘密を探る最新の科学調査も試みながら、「着衣のマハ」に秘められた謎に迫る。

出演
山本寛斎さん(ファッションデザイナー・イベントプロデューサー)
大髙保二郎さん(早稲田大学文学学術院教授・スペイン美術史)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする