日曜美術館

神業のような超絶の筆遣いで、エネルギッシュでユーモラスな仙人たちや、自然の荒々しい風景を描いたのが、戦国の世に生きた孤高の画僧、雪村周継(1500年ごろ~1580年ごろ)、異端の水墨画の巨匠である。最大の特徴は、雪村の神業のような超絶 ...