「クリムトの誘惑~生誕150年 ウィーンの春~」

google

芸術の都ウィーンが、今、ある画家の話題で大いに盛り上がっています。
エロスと黄金の巨匠、グスタフ・クリムト(1862~1918)。その生誕150年を祝う展覧会が、ウィーンの美術館や博物館で開かれているのです。
ウィーンが、史上まれにみる文化の爛熟期(らん熟期)を迎えた、19世紀末から20世紀にかけて、時代の申し子のように生まれたのがクリムトでした。
のぞいてはいけない官能の世界までも、黄金で描きつくす・・・
美しさと、退廃が行き来するクリムト絵画は、今なお、私達に謎と驚きをあたえてくれます。
ウィーンの街を旅しながら、ウィーンでしか見られないクリムトの傑作の数々を堪能します。
出演 横尾忠則(画家)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする