「破格のコレクター 大阪にあり~探訪!藤田美術館の至宝~」

google

大阪市の中心部、大阪城からほど近い都島区の閑静な一角に立つ藤田美術館は、唐の高僧・玄奘三蔵の生涯を描いた壮大な絵巻物「玄奘三蔵絵」(国宝)や徳川家康の旧蔵で世界に3点しかない「曜変天目茶碗」(国宝)など、国宝9件・重要文化財51件を所蔵する国内トップクラスの東洋美術コレクションを誇る私立美術館です。
その礎を築いたのが藤田傳三郎(1841~1912)。幕末の山口・萩に生まれ、高杉晋作、木戸孝允ら維新の志士たちと親しく交わり、明治維新後、大阪に出て一代で大富豪へと上り詰めた関西政財界の風雲児でした。建設・土木、鉄道、鉱山経営、など、数々の事業で輝かしい足跡を残す一方、私生活では東洋美術の収集に情熱を傾け、関西で並ぶ者がいないほどの美術コレクターでした。
今回、千住明さんと森田美由紀アナが藤田美術館を訪ね、絵画、書蹟、陶磁器、彫刻、漆工芸、金属工芸など、5000点にものぼるコレクションの中から、国宝をはじめとするえりすぐりの至宝を堪能しながら、幕末から明治の激動の時代に破格の生涯を送った伝説の美術コレクター・藤田傳三郎の実像に迫っていきます。
出演 藤田清さん(藤田美術館 学芸員) 竹内順一

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする