2012-09

NO IMAGE 日曜美術館

「匠の心 技に込めて 第59回日本伝統工芸展」

陶芸や漆芸、そして染織など7部門で、現代の匠(たくみ)たちが、その技と美を競い合う第59回日本伝統工芸展。今年もおよそ2000点の応募作の中から、頂点を極めた受賞作16点が決定した。 今回の特徴は、シンプルな中に独自の美を追求した作品が多...
NO IMAGE 日曜美術館

「東と西を越えて バーナード・リーチが旅した日本」

20世紀を代表する陶芸家のひとり、イギリスのバーナード・リーチ。日本を愛し、日本に愛された男として知られている。1887年、香港で生まれたリーチは、生後間もなく母を亡くし、4歳まで、祖父母のいる日本で育つ。10歳でイギリスに戻り、ロンドン美...
NO IMAGE 日曜美術館

「画家 安野光雅 「雲中一雁」の旅」

「雲中一雁(うんちゅういちがん)」。 今年86歳になる安野光雅さんは、この言葉が気に入っている。「雲の中で群れに遅れたのか、はぐれたのか、一羽の雁が飛んでいく。絵描きの自分もそんなもんかなと」。 「絵のある自伝(2011)」より 19...