日曜美術館

20世紀最大の宗教画家、フランスのジョルジュ・ルオー(1871-1958)。生涯、道化師やキリストの姿を通して、人間の苦悩を見つめ続けた。道化師を描いた傑作を公開する展覧会が開かれているのを機に、洋の東西を越えて愛されるルオーの世界を ...