2012-11

日曜美術館

「柴田是真 漆で“粋”を極めた男」

幕末から明治にかけてヨーロッパの人々を驚かせた日本の工芸品。想像を超える高度な技で作られた品々は圧倒的な人気を博した。中でも、日本を象徴する素材“漆”で常識を覆す作品を生みだし、今なお称賛され続けているのが、蒔絵師、柴田是真(1807-18...
日曜美術館

「GAMANの芸術 戦時下に刻まれた不屈の魂」

2010年、アメリカ・スミソニアン博物館で『THE ART OF GAMAN』と題する異色の展覧会が大きな話題を集めた。展示されているのは、太平洋戦争さなか、アメリカ各地の強制収容所に送られたおよそ12万人の日系アメリカ人たちが、厳しい収容...
日曜美術館

「エル・グレコ 神秘か理性か 天才画家の見たものは」

ベラスケス、ゴヤとともに「スペイン三大画家」の一人に数えられるエル・グレコ(1541~1614)。この秋、プラド美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館など世界中の美術館や教会から油彩およびテンペラ画の傑作50点以上が日本に集結し、国内...
日曜美術館

「華麗なるシルクロードの調べ ~第64回正倉院展~」

毎年秋、奈良国立博物館で行われる恒例の「正倉院展」。64回目を迎える今年は、シルクロードゆかりの華やかな宝物(ほうもつ)が目を引く。番組では、数々の工芸品を紹介しながら、18年ぶりに出陳された魅惑のグラス「瑠璃坏(るりのつき)」、愛らしい花...