「アートと音楽 坂本龍一×日比野克彦」

google

いま、東京都現代美術館で開かれている展覧会「アートと音楽」。ビジュアルアートと音楽、2つの表現が交差することで生まれるユニークな作品の数々が展示され、大きな話題を呼んでいる。

この展覧会の総合アドバイザーを務めた音楽家・坂本龍一は、こんな言葉を寄せている。

「アートと音楽は、2つの異なるジャンルということになっている。しかし音をもってするアート、あるいは視覚表現による音楽というものも、あるんじゃないか。また、アートとも音楽とも、どちらとも言えず、どちらとも言える表現というものもあるんじゃないか。アートと音楽による共感覚、またその境界領域を探ることで、ヒトの芸術表現の根源だけでなく、その未来もかいま見えるんじゃないか」

今回の日曜美術館は特別編。音楽家・坂本龍一と、アーティスト・日比野克彦が展覧会場を巡りながら、アートと音楽の境界線、そして新たな可能性をじっくりと語りあいます。
出演
坂本龍一さん(音楽家)
日比野克彦さん(アーティスト)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする