「竹内栖鳳 ~日本画に革命を起こした男~」

google

光琳、若冲、応挙。世界が認める天才絵師を輩出してきた京都。先人たちが築き上げてきた技法や描写力・・・その才すべてを手中に収めた画家がいた。日本画に革命を起こした男、竹内栖鳳(たけうち・せいほう1864-1942)。「栖鳳の前に栖鳳なし、栖鳳の後に栖鳳なし」と称賛された近代日本画の大家である。描く端から作品は飛ぶように売れ、アトリエには絵を注文する行列が絶えなかったという。栖鳳は、これまでの日本画になかった陰影表現や写実など、西洋の技法を次々と取り入れ、誰も見たことのない日本画に挑戦し続けた。「獣を描けばその体臭までも表す」とまで賞された並外れた描写力。得意とする動物画は今にも動き出しそうな躍動感で迫り、見る者の視線をくぎづけにする。そこには優れた技巧だけでは生み出せない執念の観察力があった。奔放な発想力で、描く対象を絵の中に「生け捕ろう」とする栖鳳の制作方法とは一体どんなものだったのか?さらに、一昨年、80年ぶりに発見された幻の大作から、円熟期の栖鳳が目指した、さらなる挑戦が明らかになってきた。誰も見たことのない日本画を・・・日本画に革命を起こした画家の生涯と、作品の魅力に迫る。
出演
平野重光さん(美術史家)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする