「 宇宙の器 器の宇宙~陶芸家・河井寛次郎~ 」

民芸運動をけん引した日本を代表する陶芸家、河井寬次郎(1890-1966)。その世界はまさに天衣無縫。まるで現代アートを思わせる異形の作品の数々は、今も見る人を刺激してやまない。
寬次郎は、明治23年、島根県の大工の棟りょうの家に生まれた。若くして陶芸家を志し、東京高等工業学校や京都の陶磁器試験場で、中国の古陶器や釉薬を徹底的に研究。個展を開くと、「天才はすい星のごとく突然現れるものである」と賛辞が贈られた。しかし、民芸運動を起こした柳宗悦との交流から“用の美”に目覚め、作風は一転。「銘」を入れることさえ辞め“名もなき陶工”の道を歩み始める。そして戦後は、“用の美”を超越した異形の作品の数々を生み出して行った。
数年前、寬次郎が追い求めた世界観を知る手がかりとなる不思議な作品が発見された。手のひらにおさまるほどの大きさの球体の焼き物。何の飾りもない“球”だけの形。それは、何を表しているのか?
寬次郎が暮らした家をそのまま残した京都の「河井寬次郎記念館」を訪ね、名品の数々、そして珠玉の言葉を通して、寛次郎の奥深い世界を探っていく。
出演 鷺珠江(さぎ・たまえ) 河井寬次郎記念館学芸員

コメント