「筆を持たない天才芸術家・岡倉天心」

google

明治時代、西洋化の荒波に逆らい、日本独自の美を目指して美術界をけん引した岡倉天心。横山大観をはじめ菱田春草、下村観山などそうそうたる画家たちを育て上げ、“近代日本画”を打ちたてた。
師の天心と弟子たちは固い絆で結ばれていた。天心が東京美術学校校長の座を追われた時には、一緒に学校を去って、日本美術院を立ち上げた。その美術院が経営難から茨城県五浦に“都落ち”した時には、天心と一緒にこの不便な地に移住した。「人の型を踏むな」「芸術は無窮を追え」と独創性を求めた天心。弟子たちはその言葉を座右の銘とした。今年は、岡倉天心の没後100年にあたる。番組では、天心の指導を受けて、大観、春草が描いた作品を紹介しながら、師弟の熱い交わりの中から近代日本画が誕生する軌跡を描く。
出演
小泉晋弥さん(茨城大学教授)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする