日曜美術館

「東の大観、西の栖鳳」。かつて横山大観と並び称され、いま、改めてその評価が高まっている画家がいる。竹内栖鳳(せいほう 1864~1942)。流派の壁のみならず、絵画の国境をも越え、新たな日本画を生み出すことに生涯をささげた。