「永遠に強く 美しく ~奈良・興福寺の国宝仏像~」

1300年の歴史を持ち、貴重な仏像の宝庫として知られる奈良・興福寺。数ある名品の中で、これこそ興福寺の本尊とまでたたえられる仏像がある。火災で傷跡だらけの頭部だけが残された国宝「銅造仏頭」。これほど数奇な運命をたどってき […]

「生涯 富士を彫る ~版画家・萩原英雄~」

富士山を描いた版画家といえば、葛飾北斎を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、その約150年後、北斎に挑むかのように36枚の版画シリーズ「三十六富士」を完成させた木版画家がいた。萩原英雄(はぎわらひでお 1913~200 […]

「孤高の画家  夢を紡いで ギュスターヴ・モロー」

宝石細工のように繊細で美しく、妖艶な作品で知られる画家ギュスターヴ・モロー(1826~1898)。19世紀後半、パリの画壇で注目を集めながらも、アトリエに引きこもり、一人制作に没頭した。 自分の作品を後世に残すため、みず […]

「智恵子に捧げた彫刻 ~詩人・高村光太郎の実像~」

まっすぐに天をさす人差し指、呼応するようにほかの指は内側に力強く折り込まれていく。一瞬の動きを見事に捉えたブロンズ彫刻『手』。日本近代彫刻のれい明期を告げるこの作品、作者は『智恵子抄』の詩で知られる高村光太郎(1883~ […]