日曜美術館

景画の中に、巨大都市・江戸の風俗や暮らしをふんだんに描き込み、“江戸の肖像画”と呼ばれる、歌川広重の『名所江戸百景』。全部で119景、浮世絵史上最大のシリーズで、晩年の広重がこん身の力を振り絞った大作である。ここには、祭や花見、花火な ...