日曜美術館

豊臣秀吉が盛大な花見を催したことでも知られる桜の名所、京都の醍醐寺。その境内に悠然と立つ樹齢150年のしだれ桜。この銘木に挑み、日本画史に残る傑作「醍醐」を残した一人の画家がいる。奥村土牛(とぎゅう)(1889〜1990年)。

日曜美術館

東京国立博物館で開催されている特別展「栄西と建仁寺」。京都・建仁寺が所蔵する数々の名品の中で、最も注目されているのが、俵屋宗達の最高傑作「風神雷神図屏風」だ。日本美術史を代表する名品が公開されるのを機に、宗達の魅力を存分に味わう「夢の ...

日曜美術館

3月2日、日曜美術館の「アートシーン」で第一報を伝えた世紀の大発見。海外にも衝撃を与えた喜多川歌麿の幻の傑作「深川の雪」。縦およそ2メートル、横およそ3.5メートルという巨大な掛け軸で、鮮やかな色彩をとどめた姿で見つかった。歌麿は、江 ...

日曜美術館

「僕のことを知りたければ表面だけを見ればいい。裏側には何もないから」。美術の常識にことごとく逆らい、戦後最大のアーティストに登り詰めたポップアートの奇才アンディ・ウォーホル。ウォーホルは示唆に富んだ言葉で人々を魅了し、同時に周囲を惑わ ...