2014-05

NO IMAGE 日曜美術館

「バルテュス 5つのアトリエ」

バルテュス(1908-2001)は、さまざまな芸術運動が勃興した20世紀を生き「最後の巨匠」と呼ばれた孤高の画家。92年の人生を通して描き続けた特異なエロティシズムを放つ作品群は、称賛、そして同等の誤解や非難を浴びてきた。「少女」をテーマに...
NO IMAGE 日曜美術館

「祈りの仏画 鈴木空如と法隆寺金堂壁画」

明治から昭和のはじめにかけ、失われゆく古い仏画をありのままに模写し、後世に伝えようと格闘した仏画師・鈴木空如(1873~1946)。日清戦争に出征。 九死に一生を得た後、描いた仏画は生涯、五千尊に上る。中でも最大の画業は、法隆寺金堂壁画1...
NO IMAGE 日曜美術館

「明治の工芸 知られざる超絶技巧」

明治時代、世界を魅了した日本の美がある。それはほとんど無名の匠(たくみ)たちによって造られた工芸品の数々である。 明治維新によって、武家社会が消滅し、西欧化の波が美術の世界にも大きな影響を及ぼした。甲冑(かっちゅう)や刀装金具などを造って...
NO IMAGE 日曜美術館

「世界を驚かせた 北斎漫画」

葛飾北斎が55歳から90歳で亡くなるまで描き続けたライフワーク、『北斎漫画』(全15編)。人物のあらゆる生態をはじめ、膨大な種類の動植物、江戸の風俗文化や全国の名所風景まで、まさに森羅万象を網羅、絵の総数は3千6百点に及ぶ。『北斎漫画』は北...