「ひとり”命”の庭に遊ぶ ~画家・熊谷守一の世界~」

google

「私は好きで絵を描いているのではないんです。絵を描くより遊んでいるのが、いちばん楽しいんです。石ころひとつ見ていても全く飽きることがありません。」

そんな言葉をつぶやきながら、自宅の庭でひたすら、虫や鳥、草花を見つめ続けた画家がいる。明治から昭和にかけ、97年の生涯を生きた画家・熊谷守一(1880-1977)。その画風は何ともユニーク。子どものように、単純な輪郭線で形を捉え、これまた単純な色遣いで線の中を埋める。キャンバスは使わない。縦横20〜30センチほどの小さな板に絵の具を重ねていく。そうして生まれた作品には、どこまでも素朴でありながら、見る者を幸せな気持ちにさせる不思議な魅力が満ちあふれている。
守一は、東京美術学校で洋画を学び、将来を嘱望されていたが、その後、なかなか絵が描けない時代が続いた。結婚し、子どもが生まれても思うように筆は進まず、生活も困窮を極めた。そうした中で、子どもの死や、日本画との出会いなどを通して、模索を続けた。
そして70代、病をわずらったのを機に、ほとんど外出をせず、木や草が生い茂る自宅の庭で大半の時間を過ごすようになった。そこで、日がな一日、蟻の鳥などの小さな命や、雨のしずくがはねる自然の姿を眺めていたという。その”目”から「守一様式」と呼ばれる唯一無二の画風が生まれたのだ。
そんな作品を見て「未来の絵だね」と語るのは、デザイン活動家のナガオカケンメイさん。ロングライフデザインをキーワードに、流行に左右されない長く愛されるデザインを発掘する活動に力を入れている。展覧会場で守一の世界を体感し、魅力の秘密に迫る。
出演
ナガオカケンメイさん(デザイン活動家)

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする