日曜美術館

ベストセラー作家・角田光代さんは7年前、とある展覧会で名も知らぬ画家の一枚の絵に目を奪われた。ドガ、モネなど印象派の巨匠たちの作品ばかりを集めたコーナーの一角で、ひときわ異彩を放っていたその一枚。フェリックス・ヴァロットン(1865- ...

日曜美術館

20世紀フランスを代表する画家、ラウル・デュフィ(1877-1953)。デュフィは色彩の魔術師と呼ばれた画家だ。デュフィの色彩は人々の心に喜びを運ぶという。なぜ、デュフィの色彩は喜びをもたらすのか?その謎を解く鍵となる色は、青、赤、そ ...

日曜美術館

二十歳という若さで夭折(ようせつ)した画家、関根正二。眼前に現れた幻影を描いた『信仰の悲しみ』、青と赤の鮮烈な色彩がほとばしる『子供』、いとしい女性に囲まれた自画像『三星』。これらの絵は、大正時代を代表する名作として100年後の今も輝 ...