日曜美術館

二十歳という若さで夭折(ようせつ)した画家、関根正二。眼前に現れた幻影を描いた『信仰の悲しみ』、青と赤の鮮烈な色彩がほとばしる『子供』、いとしい女性に囲まれた自画像『三星』。これらの絵は、大正時代を代表する名作として100年後の今も輝 ...