日曜美術館

ベストセラー作家・角田光代さんは7年前、とある展覧会で名も知らぬ画家の一枚の絵に目を奪われた。ドガ、モネなど印象派の巨匠たちの作品ばかりを集めたコーナーの一角で、ひときわ異彩を放っていたその一枚。フェリックス・ヴァロットン(1865- ...