「風と土と技と 第61回 日本伝統工芸展」

google

今年61回目を迎えた「日本伝統工芸展」。年に一度、全国のたくみたちが最高峰の技を競う工芸界最大の美の祭典。陶芸や染織、漆芸、金工などの7部門、1600点以上の中から選ばれた受賞作15点を全て紹介。伝統を受け継ぎながら、常に革新が求められる世界で、現代の作家たちは、どんな思いで創作に挑んでいるのか。工房を訪ね、受賞作がどのようにして生まれたのか。発想を与えてくれた風土や、試行錯誤の物語に迫る。
出演 室瀬和美

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする