2014-10

日曜美術館

「“奇想の絵巻”誕生のなぞ~鳥獣戯画~」

カエルとウサギが繰り広げる相撲の大一番。地面にひっくりかえるカエルは死んでいるのか?それなら犯人は誰だ!? 今回は、言わずと知れた、国宝・鳥獣戯画の謎に迫る。 擬人化された動物たちが繰り広げる一大エンターテインメント。平安時代後期に描...
日曜美術館

「音楽のように どこまでも自由に 革新の画家・ホイッスラー」

「白のシンフォニーNo.3」、「灰色のアレンジメント」、「ノクターン:青と金色」・・・、クラシックの曲名ではない。ある画家が名付けた"絵画のタイトル"だ。 イギリスで絶大な人気を誇るジェームズ・マクニール・ホイッスラー(1834~1903...
日曜美術館

「どこまでも新しい絵を作りたい~菱田春草~」

明治の西洋化の荒波の中で、新たな日本画を創造するために、実験に次ぐ実験を重ね、問題作を世に問い続けた画家、菱田春草(1874~1911)。2年前から春草作品の科学調査が行われ、西洋絵具を使用したという新たな事実が分かった。 20代には、日...
日曜美術館

「忘却の海を巡る冒険 ヨコハマトリエンナーレ2014」

3年に一度、みなと町・横浜が最先端のアートに染まる。19か国65組の作品が集結した現代アートの祭典「ヨコハマトリエンナーレ2014」。今回、芸術監督を務めるアーティスト・森村泰昌が、中高生たちとともに展覧会場を巡り、驚きと発見に満ちた対話を...